短時間で気軽に稼げる Dispatch companion

北新地のナイトワーク派遣と主な職種

座っている女性

北新地のナイトワーク派遣にはどの様な職種があるのかまとめてみました。

①キャバクラ:ナイトワークといえば一番イメージされるのがこのキャバクラかと思います。大体のお店が60分程度の時間制を設けており(延長あり)その中で、客と1対1で会話やお酒の相手といった接客を行います。接客はワンピースやドレスなどを着ます。

②ガールズバー:20代前半の若い女の子キャストを中心とした、カウンター形式のショットバーが多いです。その為、接客技術もそこまで高いものは求められません。ただし時給は低めです。

③パブ、スナック:カウンター形式の小規模な経営のお店が殆どです。基本はママの手伝いをします。1グループの客に対してママと1人のキャストがついて接客を行います。キャストの年齢層は比較的高めです。客への料金設定が低めの分、時給も低めです。

④ラウンジ:ホテルなどのイメージが強いかもしれません。定義付けが難しく、ママのいるキャバクラの様な感じだったり、高級クラブの様な雰囲気の場合もあります。

⑤高級クラブ1人の客に対して複数のキャストが接客をします。衣装にはドレスの他に和服を着る店もあります。キャバクラとは違い時間制ではありません。客層は比較的年配の方が多く、接客もそれなりの技術が求められます。
ここに挙げたのはあくまで代表的な北新地のナイトワーク派遣の例です。仕事内容も様々なものがあるので、自分の年齢や適性に合った北新地のナイトワーク派遣を見つける事が出来ます。

北新地のナイトワーク派遣なら本業よりも給与が高くなるかも!

北新地でのナイトワーク派遣は、しばしば副業として活用されます。昼間の時間帯は何か別の仕事をしていて、夜はその仕事で副業をするケースもある訳です。
例えば次のようなタイムスケジュールがあります。朝8時になって起床して、本職の職場に行きます。それで18時頃に、その職場の業務が終了したとしましょう。それで終わりではなく、今度は19時頃にナイトワーク派遣で働くケースもあるのです。それで終電頃まで働いて、稼ぐ女性も居る訳ですね。色々と生活費などの問題があって、ダブルワークを希望する女性の方々も、決して少なくありません。ところで上記のような働き方ですと、北新地のナイトワーク派遣の方が収入が高い事もあるのです。1日あたりの給与で計算してみると、その夜のお仕事の方が高めになるからです。
例えば事務関連のお仕事での給与は、1日換算で7,000円台だとします。実働8時間で7,000円台というのは、大いにあり得る話です。ところがナイトワークの場合は、それを上回ってしまう事があります。8,000円台になるケースも、かなり多いのですね。しかも上記の実働時間を見ても、明らかにナイトワークの方が労働時間が短いでしょう。つまり、それがこの働き方の特徴の1つなのです。「短時間で本業の給油を上回ることがある」のは、北新地のナイトワーク派遣の魅力の1つとも言えるでしょう。

北新地でのナイトワーク派遣から出勤までの流れ

北新地でナイトワーク派遣の求人はよく見かけますが、実際働きたい!と思っても、お給料を貰うまでどの様にすれば良いのかわからない方もいると思います。そんな方の為に、求人からどの様な流れで出勤するまでに至るのか、その過程を簡単にまとめてみました。
今回例に挙げるのは北新地でのナイトワーク派遣の中でもキャバクラの派遣についてです。まずは、派遣会社に登録する所から始まります。次は面接です。面接は派遣会社で行います。基本は履歴書などは不要で、服装も改まったものではなく私服やカジュアルな格好で大丈夫です。当り前ですがキャバクラ店への派遣の面接なので、身なりはある程度整えておきましょう。むしろ、目一杯可愛くお洒落に決めた方がウケが良いかと思います。もちろん笑顔も忘れずに、です!面接で採用が決まったら、いよいよ派遣先のお店に出勤です。出勤するお店はその都度変わる場合があります。身支度はお店ではなく、派遣会社の事務所などで行う所もある様です。その場合、事務所で準備をしてからお店に向かう事になります。お店に出勤したら早速お仕事開始です!貴女の接客テクニックを存分に発揮して下さい。
お仕事が終わったら、日払いの場合はその時点でお給料が貰えます。ただし、お給料は出勤したお店からではなく派遣会社から貰う形になります。これで一連の流れは完了です。少しでも北新地のナイトワーク派遣の参考になれば幸いです。

今の仕事だけでは生活が厳しい、という女性にお勧めしたいのが、一日だけの勤務でも日払いですぐまとまったお金を得ることができる北新地派遣の仕事です。ノルマが一切ありませんので気軽に働けますよ。